川崎市でのポスティングアルバイトのお仕事物語

ポスティングのお仕事ってどうなの?たかがアルバイトスタッフのブログ@川崎市

理容店のポスティングはコンセプトを明確にするチラシにする

f:id:curininngu:20160118201139p:plain

男性が必ず利用する店と言えば散髪屋、いわゆる理容店が上げられます。
こまめに行く人もいれば、たまにしかいかないなんて人もいると思いますが、やっぱり専門の人に切ってもらうようにしたほうが良いですよね。
たまに自分で切るなんていう器用な人もいたりしますが、それは例外と言えるでしょう。


さて、理容店の場合は定期的に行くところなので、馴染みの店を持っている人が多いと思います。
店の側からすると、そうした常連客が増えると経営面でも安定してきます。
ですが理容店は結構、新規にオープンしたりすることが多い業種と言えます。
それは資格を取って、ある程度働いて修行した後、自分の店を持ちたいという人が多い業種だからです。


また、そこそこお客さんがいれば生計が成り立つわけですから、独立が比較的簡単にできる業種でもあります。
そうしたことから、理容店は結構、激戦の業界と言えます。
いかに常連客を確保するかが重要になってきます。
特に格安店が全国的に台頭していることも、そうした競争を激化させる要因になっています。


こうした中でお店にお客さんを呼び込むためにはどうしたら良いのでしょうか?
その一つに各戸へのポスティングでの集客が上げられます。
シンプルですが、理容業界ではわりと効果が高い方法です。
スティングをするのは店の近くでしょうから、たいていの場合は理容店の存在は知っている人が多いと思います。
そうした人たちに一度利用してもらうことを狙った効果的なポスティングを行うことが重要です。


新しい理容店に初めて行くのは、ちょっと勇気がいったりするものです。
だから、行ってみようかなと思っている見込み客の背中をそっと押すことを意識したポスティングをするようにしましょう。
その前に自分の店の売り、つまりコンセプトを明確にするべきです。
格安店のように値段で勝負するのか、それともサービスで勝負するのは、それに加えて、ターゲット層も明確にしましょう。


理容店は店ごとにそのターゲットとなる客層がかなり違うものです。
学生などティーンエージャーを狙っている店、若手のサラリーマンを狙っている店、中高年層をターゲットにしている店など様々です。
またお洒落に敏感な人を狙うのか、それともあまり気にしない人を狙うのかも大きなポイントになります。
スティングされたチラシを見ることで、ターゲット層の人に響くようなものが理想です。
よくある方法ですが、割引券の配布も効果が高い手法と言えます。