川崎市でのポスティングアルバイトのお仕事物語

ポスティングのお仕事ってどうなの?たかがアルバイトスタッフのブログ@川崎市

リフォーム会社のポスティングはリフォームが必要になりそうな家にピンポイントにアプローチ

f:id:curininngu:20160124195634p:plain

リフォーム会社のポスティング効果

賃貸ではなく、マイホームに住んでいる方の場合、長年住んでいると色々と問題が出てくると思います。
例えば、修繕が必要になったり、住み始めたころと家族の状況が変わったため、住みにくくなっていたりします。
あるいは高齢化によりバリアフリー化が必要になるケースもあるでしょう。
中には車いすを使用するようになったりすることもあるかもしれません。


そんな状況を改善するためにはリフォームが必要になります。
マイホームを持っている方はいずれリフォームは必要になると思っていたほうが良いでしょう。
さて、こうしたリフォームを行うのがリフォーム業者です。
リフォーム業者の仕事は事務などの間接部門を除けば、仕事を受注する営業と、施工を行う現場サイドの大きく二つに分けられます。
この仕事を受注する営業は結構、大変であり、数ある営業職の中で、リフォームの営業はかなり難易度が高いと言われています。


そんなリフォーム業ですが、やはりリフォームをしたいという居住者のニーズは間違いなく存在しています。
ですから、それをいかに汲みとるころができるかがポイントです。
出来れば、リフォームを希望する居住者の側から連絡をもらえれば効率的です。
そのための方法として、ポスティングが上げられます。
通常の新聞の折り込みチラシなどとの違いは、スティングはリフォームが必要になりそうな家にピンポイントでアプローチできる点です。


折り込みチラシは賃貸住宅の居住者や新築住宅に住んでいる人など、リフォーム業者の客になりにくい人にも配られます。
それに対して、ポスティングは持ち家でそろそろリフォームが必要な家にアプローチできます。
見込み客に対して、徹底的なポスティングを行うという作戦も良いかもしれません。
あるいは飛び込み営業をしているリフォーム業者なら、留守宅にポスティングをしていくという方法もあります。
最近は共働きの家なども多く、留守にしている家が多いので、在宅の家を見つけての飛び込み営業だけでは非効率的だといえます。


ですから、営業とポスティングをセットにすれば良いと思います。
いずれにしても、リフォーム業者がポスティングをする場合、それを見た見込み客がコンタクトを取りたくなるようなパンフレットにするようにしたいものです
怪しい業者というイメージを払拭するためにも、業者の顔出しや施工実績、お客様の声などを載せていくと効果的です。
特に施行したお客様の声を載せると、客観的な評価のイメージがあるので、効果が高いと言われています。